【解説・無料楽譜】ラッシャ・キオ・ピアンガ (Lascia ch’io pianga)『私を泣かせてください』 / ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル(Georg Friedrich Händel)

イタリア歌曲

こんにちは!じゃむです。

今回ご紹介するのはヘンデル作曲の「Lascia ch’io pianga(ラッシャ・キオ・ピアンガ)」です。

Lascia ch’io piangaは和訳すると「私を泣かせてください」

イタリア歌曲はタイトルから意味深な曲が多いですが、これも中々深いですねぇ。

歌詞自体はヘンデルが書いたものではなく、ジャコモ・ロッシという方が書いたもの。

リナルド (オペラ) - Wikipedia

この曲は、オペラ『リナルド (Rinald)』の中の一部「アルミレーナの叙唱とアリア」になります。

とにかく美しいメロディーで、私も初めて聴いたときは感動しました!

それでは曲の概要に移りましょう!

曲の概要

【作曲者】ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル(Georg Friedrich Händel)

【調】ヘ長調(シ♭)

【指定速度】Larghetto(♩=60)、ラルゴより少しだけ速く

【拍子】3/4拍子

【音楽用語】dim.(だんだん弱く)

無料楽譜

 (Lascia ch’io pianga)『私を泣かせてください』/ 無料楽譜

※IMPSLPのページに飛びます

歌詞

イタリア語

Las-cia ch’io pian-ga
※mia cru-da sor-te,
e che sos-pi-ri la li-ber-tà.

e che sos-pi-ri, e che sos-pi-ri

la li-ber-tà

Las-cia ch’io pian-ga
mia cru-da sor-te,
e che sos-pi-ri la li-ber-tà.

Il duolo in-fran-ga ques-te ri-tor-te
de’ miei__ mar-ti-ri sol per_ pie-tà.__ si,

de’ miei__ mar-ti-ri sol per_ pie-tà.

 

※の部分が”la dura sorte”パターンもあるようで、どっちが正しいんでしょうか…

ご存じの方がいらっしゃいましたら、情報よろしくお願いします!

 

和訳

どうか泣くのをお許しください
この過酷な運命に
どうか自由にあこがれることをお許しください

わが悲しみは、打ち続く受難に鎖されたまま
憐れみさえも受けられないのであれば

 

一体どんな過酷なことがあったのか……一回オペラ『リナルド (Rinald)』を見るしかないですね。

難易度

1(10段階)

非常にシンプルながら、出だしから美しいメロディー!

簡単なのに美しいって最高ですよね♪

 

しかし、最後の最後に難しい箇所が出てきます。

「de’ miei__ mar-ti-ri sol per_ pie-tà」の和音、8分音符・・・結構弾き辛いです。

指使いをしっかり決めとかなきゃ、つっかえてしまう。

ゆっくりとした綺麗な曲であるがゆえに、一つのミスが目立つので、間違えやすいところは重点的に練習するようにしましょう!

YouTube演奏動画

サラリーマン30歳から始める趣味ピアノ

【イタリア歌曲】Lascia ch'io pianga『私を泣かせてください』| ピアノ伴奏_歌詞付き/ヘンデル(Georg Friedrich Händel)【30歳から始める趣味ピアノ】♪39曲目

harue matsuno

レチタティーヴォの部分もしっかり弾かれてます。

Tor Melgalvis

classic-intro net

コメント

タイトルとURLをコピーしました