【解説・無料楽譜】ワルツ Op.69-2 (Valse, op.69-2) / ショパン (Fryderyk Franciszek Chopin)

ピアノ名曲110選-GRADE B

こんにちは、じゃむです!

今回ご紹介するのはショパン作曲の「ワルツ Op.69-2」です。

パデレフスキ編 ショパン全集 IX ワルツ | F. F. ショパン |本 | 通販 | Amazon
AmazonでF. F. ショパンのパデレフスキ編 ショパン全集 IX ワルツ。アマゾンならポイント還元本が多数。F. F. ショパン作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またパデレフスキ編 ショパン全集 IX ワルツもアマゾン配送商品なら通常配送無料。

ショパンのワルツは全部で19曲あるのですが、その中でも初期の作品となり、ショパンが19歳のときに書かれたとされています。

ワルツと聞くと、華やかなイメージがありますが、この曲は中間部こそ少し明るいですが、全体的にどこか儚げで、哀愁が漂っています。

形式はA-B-A-C-A-B-Aのロンド形式。

見ていただくとわかるように、繰り返しが多く、技術的にも難しい部分は少ないので、ショパン入門の一曲としておススメです!

それでは、曲の概要に移りましょう!

曲の概要

【作曲者】 フレデリック・ショパン (Fryderyk Franciszek Chopin)

【調】A:ロ短調(ファ、ド#)、B:ニ長調(ファ、ド#)、C:ロ長調(ファ、ド、ソ、レ、ラ♯)

【指定速度】Moderato(中くらいの速さで)

【拍子】3/4拍子

【音楽用語】①rit.(遅く) ②dim.(だんだん弱く) ③a tempo(元の速度で) ④con anima(魂をこめて) ⑤dolce(甘く) ⑥calando e dimin.(和らいで、だんだん弱く)

無料楽譜

ワルツ Op.69-2 / 無料楽譜

※「クラシックピアノ名曲110」様のページに飛びます

 

パデレスキ版のワルツはこちら↓

パデレフスキ編 ショパン全集 IX ワルツ | F. F. ショパン |本 | 通販 | Amazon
AmazonでF. F. ショパンのパデレフスキ編 ショパン全集 IX ワルツ。アマゾンならポイント還元本が多数。F. F. ショパン作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またパデレフスキ編 ショパン全集 IX ワルツもアマゾン配送商品なら通常配送無料。

難易度

2(10段階)

冒頭にも述べた通り繰り返しが多いこの曲ですが、ワルツ特有の3拍子の難しさ。左手の1拍目~2拍目の跳躍。そして、所々弾き辛い箇所が散りばめられています。

難所①14小節目左手和音

13小節目までの左手の法則が崩れるため、意識しないと音を外してしまいます。

poco rit.(だんだん遅く)の指示に甘えて、ここはゆっくり冷静に弾いて問題ありません。

難所②47~50小節目 右手のメロディー

ココのメロディーが絶妙に弾き辛いんですよね。

指遣いをしっかり意識してないと、きれいに上から下へ降りることができません。

右手だけの反復練習を重点的にすることをおススメします!

難所③81小節目 右手の3度

3度はいつだって弾き辛いですよね笑

音がバラバラにならないように、やけを起こさずゆっくり練習から始めましょう!

ここでしっかり決めておけば、少し音の変わる89小節目の3度も問題なく弾けるはずです♪

YouTube演奏動画

サラリーマン30歳から始める趣味ピアノ

ワルツ Op.69-2 (Valse, op.69-2) / ショパン (Fryderyk Franciszek Chopin)【サラリーマン30歳から始める趣味ピアノ】♪87曲目

Javier Linares

Evgeny Kissin – Chopin Waltz Op.69 No.2.mp4

pianomaedaful

ワルツ 第10番(ショパン)Chopin – Waltz in B minor, Op.69 No.2 – pianomaedaful

コメント

タイトルとURLをコピーしました