【解説・無料楽譜】メヌエット ト長調 (Menuet G dur) / クリスティアン・ペツォルト (Christian Petzold)

ピアノ名曲110選-GRADE A

こんにちは、じゃむです!
今回ご紹介するのはクリスティアン・ペツォルトの「メヌエット ト長調」です。

バッハ ピアノ小品集 解説付 全音ピアノライブラリー | 全音楽譜出版社出版部 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで全音楽譜出版社出版部のバッハ ピアノ小品集 解説付 全音ピアノライブラリー。アマゾンならポイント還元本が多数。全音楽譜出版社出版部作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またバッハ ピアノ小品集 解説付 全音ピアノライブラリーもアマゾン配送商品なら通常配送無料。

誰もが知っているバッハの超名曲・・・かと思いきや作曲者はバッハでは無く「クリスティアン・ペツォルト」という誰も知らない作曲家

なぜバッハと間違えられてしまったかというと「アンナ・マクダレーナ・バッハのための音楽帖」というバッハの曲集に収録されていたからというのが濃厚です。

研究が進んで作曲者が間違っていたことが分かったというのは良くあることで、酷いものになると、売り出すためにわざと有名作曲家の名前を使うということもあったようです。

(ベートーヴェンの「さらばピアノよ」とか)

 

そもそも200年、300年前の作曲者が分かるということ自体が凄いことですよね!

作曲者が誰であれ、素晴らしい曲は素晴らしい♪

このメヌエット ト長調は簡単に弾けるうえに美しいメロディーで、超おススメです!

 

それでは、曲の概要に移りましょう!

曲の概要

【作曲者】クリスティアン・ペツォルト (Christian Petzold)

【調】ト長調

【指定速度】特に無し

【拍子】3/4拍子

【音楽用語】

Tri(モルデント)→「ド」にモルデントが付いていたら「ド・シ・ド」

Pra(プラルトリラー)→「ド」にプラルトリラーが付いていたら「ド・レ・ド」

無料楽譜

メヌエット ト長調 / 無料楽譜

※「クラシックピアノ名曲110」様のページに飛びます

全音ピアノライブラリーの楽譜はこちら↓

バッハ ピアノ小品集 解説付 全音ピアノライブラリー | 全音楽譜出版社出版部 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで全音楽譜出版社出版部のバッハ ピアノ小品集 解説付 全音ピアノライブラリー。アマゾンならポイント還元本が多数。全音楽譜出版社出版部作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またバッハ ピアノ小品集 解説付 全音ピアノライブラリーもアマゾン配送商品なら通常配送無料。

難易度

1(10段階)

冒頭に書いた通り、この曲は非常に簡単です!

しかも、メロディーも美しい&有名なのでピアノ初心者には超おススメ!

音楽記号のモルデントとプラルトリラーに気を付ければあとは反復練習することで問題なく弾けるようになるでしょう。

【モルデント】

【プラルトリラー】

YouTube演奏動画

サラリーマン30歳から始める趣味ピアノ

yoshinonさん

モルデント・プレトリラーが無いver.の演奏だと思ったら、繰り返しのときにしっかり入れてらっしゃいます。そういうのも聞かせ方としてアリだなと思いました。

recordsjpさん

 

水野直子さん

チェンバロver.です。バッハの時代はピアノは無くて、チェンバロで弾いてたみたいなので、それを再現するとこういう感じに聴こえる訳ですね。

ピアノで弾くのとはまた雰囲気が変わって良いです♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました