【解説・無料楽譜】楽しい狩人(Fröhlicher Jägersmann) / グスタフ・アドルフ・メルケル(Gustav Adolf Merkel)

ピアノ名曲110選-GRADE A

こんにちは、じゃむです!

今回ご紹介するのはメルケル作曲の「楽しい狩人」です。

ヨーロッパでは昔、狩りが王・貴族の最大の楽しみだったという理由もあり、モーツァルトの弦楽四重奏「狩」メンデルスゾーン無言歌集の「狩の歌」等、狩りを題材にした作品が多く作曲されており、これもその中の1曲です。

四分音符と八分音符が交互に出てくるためか、なんとなくで弾いていると、本来のテンポと違った形で仕上がってしまう可能性があるので、テンポを意識して弾くことが重要となります。

6/8拍子なので8分音符を1として「1・2・3、1・2・3」と心の中(声に出しても良し笑)で数えながら弾くとやりやすいですよ!

それでは、曲の概要に移りましょう!

曲の概要

【作曲者】グスタフ・アドルフ・メルケル(Gustav Adolf Merkel)

【調】ヘ長調(シ♭)

【構成】Vivace con brio(陽気に活き活きと)

【音楽用語】①Echo(エコー)

無料楽譜

残念ながら無料楽譜は見つかりませんでした…これも編曲ver.ですかね?

(もし無料楽譜ご存じの方いらっしゃいましたら教えて下さい)

難易度

1(10段階)

6/8拍子というテンポにさへ気をつけさへすれば、難しい箇所はありません。

迷ったら、「1・2・3、1・2・3」と心の中で数えましょう

YouTube演奏動画

yoshinon

コメント

タイトルとURLをコピーしました